MEDICAL CAFE BIOFACH

      ー がん哲学外来 メディカルカフェ ビオファ ー


がん哲学外来 メディカルカフェ


がん哲学外来とは

 

がん哲学外来とは、癌患者、癌患者ご家族の方々同士と医師やその他の専門家や経験者が、気軽に本音で語れるコミュニティーです。
2008年、順天堂大学医学部付属順天堂医院にて「がん哲学外来」と銘打った特別外来が、同大学の樋野興夫(病理・腫瘍学)教授によって試験的に開設されました。
予約は殺到し、順天堂医院ではこの反響を受け常設の運びとなり、がん哲学外来をコミュニティー化したメディカルカフェといったカタチで全国展開しています。


この度、ビオファのコミュニティーブースにて、メディカルカフェをご提供させていただくことになりました。

がん哲学外来 理事長

一般社団法人がん哲学外来
理事長 樋野 興夫博士
(医学博士 順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授)

科学としてのがん学を学びながら、がんに哲学的な考え方を取り入れていくという立場です。

「がんであっても尊厳を持って人生を生き切ることのできる社会」の実現を目指し、より多くのがん患者が、垣根を越えた様々な方との対話により、「病気であっても、病人ではない」安心した人生を送れるよう寄り添っていきたいと思っております。
(一般財団法人がん哲学外来から引用)

メディカルカフェとは

医療従事者と患者・患者家族・患者同士・患者家族同士・その他が茶菓子を取りつつリラックスした雰囲気の中で交流をもつことができる「対話の場」です。
「がん哲学外来」が、「対話の場」であるメディカルカフェという形で全国に広がり、現在ではメディアで取り上げられるほど注目されるようになりました。

また、地域の有志による運営、病院での常設などに加え、さまざまな形での協力を行う企業も増えてきました。
(一般財団法人がん哲学外来から引用)
ビオファも有志の一員として、店内のコミュニティーブースを提供し、メディカルカフェを定期開催しています。

メンバー募集

月1~2回の開催の企画運営をお手伝いくださる方を募集しています。
基本的には、営利目的ではありませんので、プロボノスタイルでの運営になります。
癌患者であるご本人が、コーディネーター、主催者として活動しているケースも多くあります。 

 



参加するには

参加資格に制限はありません。

日本人の2人に1人が「癌」になる時代です。現在、癌を患った方やその家族に関わらずご参加いただけます。
癌について様々な情報交換の交流の場となりますので、販売、営業、ビジネス目的でのご参加はご遠慮いただきます。

お申込みは「電話」または「申込予約フォーム」にて、以下で受け付けていますのでご確認くださいませ。

参加申し込み

①電話でお申込み

TEL06-6632-1661(ビオファ)13:00~18:00 祝日休

 

②申込予約フォームで申し込む
(以下の【C予約する】より必要事項を入力して「送信」くださいませ。)

※予定の変更や開催中止や定員オーバー以外のご連絡(申し込み後の返信メール)は行っていませんので、申し込み後は開催日に直接お越しくださいませ。

 

クービック予約システムから予約する


開催日

 

日程:⑴毎月第3日曜日  ⑵不定期
時間:15:00~
(90分~120分程度)
参加費:無料または茶菓子代500円程度

※参加費につきましては、ゲスト等による特別な設定で開催

する際は、参加費が変更になる場合がございます。


メディカルカフェビオファ運営メンバーは、癌難病経験者と医療従事者、薬剤師、予防医療、栄養学など食育を行っている講師などで結成された"最善の健康"をサポートするOSFAというグループが協力しています。

 
OSFAホームページ http://organicsuperfood.wixsite.com/organicsuperfood

 

ダウンロード
メディカルカフェ案内チラシダウンロード
詳細の書いてある資料になります。お友達やご家族の方にご案内くださいませ。
メディカルカフェ案内.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 351.2 KB